サンタスティックな生き方

2010年6月にサンタさん営業に出逢い、営業がますます好きになりました。 その年の暮れに一枚のFAXが流れてきました。 それは、あるお客様からの注文書でした。 これまでだったら、冬期休暇に入っているのに、手配できんやろ! でも、この時はなぜかラブレターに見えたのです。 注文書なんて来るのが「あたりまえ」が「ありがとう」に変わった瞬間でした。 この年、会社は創業以来、最高売上を達成しました!

2019年07月

真我、第五章の文字起こしをしていて

気づきました。

一般にであいを漢字変換すると

出会いになります。

手入力だと学習機能が働いて

出逢いに変換できますが、

音声入力には、学習機能がないので

出会いにしか、変換できません。

なぜ、同じ章で、二つのであいが

出てくるのか?

自分なりに考えてみました。

出会い(=縁)は、与えられるもの。

出逢いは、その縁を生かすもの。

さらには、自分の使命を悟るもの。

真我に出逢えて本当に良かった😁

一期一会。

全ての出会いを出逢いに昇華させたい!



私がサンタさん営業を続けようと

思ったのは、社会人になって初めて

FAXで届いた注文書を見て、有難いと

思えたからである。

それまでの私は単なる書類としか

認識していなかった💦

FAXで注文書が届くのは、あたりまえ!

感謝のかの字もなかった💦

すばらしい記事を見つけました!

感謝の力が不可能を可能にする❗️

一昨日、初めて発症しました。

パソコンの画面の左上1/4に

黄金のギザギザの光が現れ、

10分間くらい文字が読めなく

なりました💦

昨年、妻が発症していたので

慌てることはなかったのですが、

車の運転中などには注意したいと

思います。

身体のいたるところに、老化現象が

現れてきますね😁

上手く付き合っていかなくっちゃ❗️

昨日は、近所の神社の夏祭りでした。

孫たちが甚平着て、やって来ました。

夏が来たという実感!

久しぶりに今年生まれた陽太を風呂に

入れました。

首はすわっているので、扱い易くは

なりましたが、重い!

標準より随分、おデブさんです。

シワが多く、汗疹になりやすいので

シワを伸ばして、しっかり洗って

あげました。

今回は、ベビー石鹸でなく、頂き物の

泡おもいを使ってみました。

とても泡立ちがよく、脂落ちもいい

のですが、皮膚がつっぱらない。

とても重宝しています!

長女は、毎日、4歳、2歳、0歳の

3人の子供を風呂に入れています。

頑張れかおり❣️



昨日のクリニックは、2週続けての

新規のクライアントさんでした。

初回カウンセリングを受けただけで

真我開発講座は未受講です。

前回の経験を活かし、今回は、

より丁寧に真我開発講座と

真我体道との関係をお話ししました。


家に帰って「致知」8月号をめくると

以下のような記述がありました。


人間は「意識が大事」である。

どういう意識で生きているか。

それが人生を決定する。


稲盛和夫氏は倒産したJALを

僅か2年7ヶ月で再上場に導いたが、

32,000人の社員を入れ替えた

わけではない。

32,000人の意識を変えたからだと

いうことが『JALの奇跡』

(大田嘉仁著)に克明に記されている。


その意識は2つに大別できるように

思える。

主人公意識と被害者意識である。


何事にも「させられている」

「してくれない」

「すべてを他人のせいにする」のが

被害者意識である。


これに対し主人公意識は、

自分の人生は全て自分が主人公であり、

責任者であると言う意識である。


この意識に立つ人はあらゆる事態に、

自ずと主体的、積極的に立ち向かって

いく。


歴史に名を成した人は皆、主人公意識で

人生を切り開いた人たちである。

西郷隆盛の言葉がある。

「人を相手にせず、天を相手にせよ。

天を相手にして己を尽くし、

人をとがめず、わが誠の足らざるを

尋ぬべし」


そうか!

真我体道は、主人公意識を育むんだ。

相手がどうであろうと自ら働きかける。

真我の実践あるのみ!




このページのトップヘ