サンタスティックな生き方

2010年6月にサンタさん営業に出逢い、営業がますます好きになりました。 その年の暮れに一枚のFAXが流れてきました。 それは、あるお客様からの注文書でした。 これまでだったら、冬期休暇に入っているのに、手配できんやろ! でも、この時はなぜかラブレターに見えたのです。 注文書なんて来るのが「あたりまえ」が「ありがとう」に変わった瞬間でした。 この年、会社は創業以来、最高売上を達成しました!

2019年02月

 志ある者、事(こと)竟(つい)に成る

後漢書からの引用で

「堅い志を持つ者は、

    いかなる困難に遭っても

    必ずその志を成し遂げる」

という意味だそうです。


その例として、

JALの再建に

78歳で無給を条件に取り組んだ

稲盛和夫氏が挙げられていました。


2兆3000億円の負債を抱えて倒産したJALを

会長就任1年で1800億円の黒字に転化させ、

2年で2000億円の黒字を計上、2年8ヶ月で

再上場に導いた。

まさに奇跡だが、その奇跡を起こしたのは

稲盛氏の高い志にあった。


稲盛氏は「宇宙は知恵の蔵、真理の蔵であり、

真摯に努力する者に、天はその蔵の扉を開いて

くれる」と言っているそうです。

IMG_2121

昨日は、7年前、誰にも看取られずに

たった1人で逝ってしまった母の命日。


今でも忘れません。


肺炎になって2週間、昼休みに病院を覗くと

看護婦さんから言われました。


血圧が下がってきているので、

あわせたい方がいたら連絡してください。


でもその日は16時に、大阪から来客があるので

打ち合わせが終わったら、直ぐに病院に

行こうと思っていました。


ところが、病状が急変して、臨終には

間に合いませんでした💦


私は仕事を優先してしまったのでした💦

母に申し訳ないことをしてしまった。

ずっと後悔していました。


母が亡くなって3年後、長女に男子が

生まれました。

名前は雄心です。


母に見せたかったなぁ!

クリニックの体道で、一番好きなのが

笑顔のスパーリング②です。

先攻がニコッ😀、後攻がブスゥ😠。

イソップ物語の北風と太陽を思い出します。

後攻の方にワークの感想を聞くと

先攻の方に申し訳ない気がするとのこと。

笑顔は最強❗️

クリニックでの2時間実践プログラム。

実は体道!

クリニックでは、宗教と誤解されないように

初期の頃は真我ではなく、本当の自分だとか、

自然治癒力といった表現をしていた。


今はどうかというともろ真我。

サンタは好きだったが、真我という言葉が

嫌いだった自分からすると嘘みたい❗️


最初のワークは、いきなり真我の実践。

最初に心の中で2分間。

次に言葉に出して2分間。

最後にまた心の中で2分間。


悲しい時、苦しい時、辛い時には

騙されたと思ってやってみてください!


鬱で苦しんでいたKさんも、世界一周の

船旅にチャレンジした時、船内で

真我の実践、唱えていたんですよ!

最初は意味わからなくてもいいから!

真我に出会って

生きていくのが楽になった。

でも迷いは増えた。

境目がわからなくなった💦

境目は自分の価値観。

アイデンティティーの崩壊。

なんでも真我で片付ければいいものか?

その真我、似非真我じゃない❗️

このページのトップヘ