志ある者、事(こと)竟(つい)に成る

後漢書からの引用で

「堅い志を持つ者は、

    いかなる困難に遭っても

    必ずその志を成し遂げる」

という意味だそうです。


その例として、

JALの再建に

78歳で無給を条件に取り組んだ

稲盛和夫氏が挙げられていました。


2兆3000億円の負債を抱えて倒産したJALを

会長就任1年で1800億円の黒字に転化させ、

2年で2000億円の黒字を計上、2年8ヶ月で

再上場に導いた。

まさに奇跡だが、その奇跡を起こしたのは

稲盛氏の高い志にあった。


稲盛氏は「宇宙は知恵の蔵、真理の蔵であり、

真摯に努力する者に、天はその蔵の扉を開いて

くれる」と言っているそうです。