真我を追及していくと

境目がわからなくなる。

元々、境目は存在しない。

認識の世界で生活しているから

常に相反するものを比較して

自分の価値観で裁いている。

どうも左脳がそうしているようである。

ある脳科学者が臨死体験をし

左脳が使えなくなり、右脳だけが

機能したとき、すべてが一つになり

境界がなくなったそうだ。

これまで、境目がわからなくなることを

ネガティブに捉えていたが、

そうではないんだ、

次元が上がっているんだと確信した。

認識の世界から愛の世界へ!


愛の世界へようこそ

2019年3月23日 長崎講演会開催!