サンタスティックな生き方

2010年6月にサンタさん営業に出逢い、営業がますます好きになりました。 その年の暮れに一枚のFAXが流れてきました。 それは、あるお客様からの注文書でした。 これまでだったら、冬期休暇に入っているのに、手配できんやろ! でも、この時はなぜかラブレターに見えたのです。 注文書なんて来るのが「あたりまえ」が「ありがとう」に変わった瞬間でした。 この年、会社は創業以来、最高売上を達成しました!

一昨日から、長男が出張で帰省しています。

28歳独身です。


友達は、非常に多く、帰省しても、

ほとんど家にいません。


そろそろ、身を固めてもいいのではないかと

思うのですが本人にはその気はないようです。


息子にはちょっと変わったところがあって

親友の元カノに誘われてよく飲みに行きます。


最近わかったことですが、彼は愛のリストラを

やっていたようです。


幼馴染で親友のH君が昨年、結婚しました💒

息子とよく飲みにいっていたH君の元カノと

結婚したのです。


5月の連休には、2泊3日で東京の新居に

遊びに行くようです。


2人の性格をよく知っていた息子は

どうやってゴールインさせたのか

興味あります。


でも、自分のことは…?

最近、思うんです!

力の要らない世界があるって!


営業の仕事でも、

こちらから働きかけるのではなく、

お客様の方からこんなの出来ない?


やれますよ😀

すると見積もって!


その内容が、最初の頃は、数万円のお話。

ところが、最近は数千万円のお話。

しかも、私の専門外💦


すると専門家、現わる現わる!

啐啄同時❗️

見えないものに価値がある。

その見えないもの見たい‼️

先日の実践カリキュラム(体道)は、

2組とも初回カウンセリングを受けただけの

全くの初心者でした。


これまでは、真我開発講座を既に受講した

方々が、対象だったので、やりやすかった

のですが、真我を全く知らない方への

対応は非常にやりづらかったです。


いくら形から入るといっても、3層構造や

フィルムとスクリーンのことを知った上で

やるのとは、体感が違うような気がします。


しかも、2組とも10代男性。

多感な年頃です。


友達関係に悩んだり、具合が悪くなったり

1組目の方は、前日までは、入院を決めていた

そうです。


入院せずにクリニックに来れたというのは

素晴らしいご縁だと思います。


真我の実践!真我の実践!真我の実践!


辛かったり、苦しかったり、きつい時には

真我の実践唱えてください。

彼らにどこまで伝わったのでしょうか?


あっそう、面白いことがありました。

1組目の方が帰られた後、2組目までに

1時間の昼食タイムがあったので、銀行に

行きました。

福ビルの再開発で、その銀行は、仮店舗で

営業をしています。

西鉄グランドホテルの前の仮店舗で

クリニックからは、かなり離れています。

何とその銀行に行く途中、1組目の親子と

路上でバッタリ、再会したのです。

あれだけの人混みの中で、しかも日頃

通らない道で…。

きっと何か大きな意味があるのでしょう!

これからが楽しみです😀


このページのトップヘ