サンタスティックな生き方

2010年6月にサンタさん営業に出逢い、営業がますます好きになりました。 その年の暮れに一枚のFAXが流れてきました。 それは、あるお客様からの注文書でした。 これまでだったら、冬期休暇に入っているのに、手配できんやろ! でも、この時はなぜかラブレターに見えたのです。 注文書なんて来るのが「あたりまえ」が「ありがとう」に変わった瞬間でした。 この年、会社は創業以来、最高売上を達成しました!

http://www.xn--gckjq7bzpybc1750gnosc.com/
毎年、台風はやって来る!
いつも、今回は、大型の台風だとか、直撃するだとか言う割に大したことなかった。
まさに、オオカミ少年状態!
今回もきっと、大したことないに違いない!
ところが、15時過ぎから、風雨が強まり、窓に打ち付ける雨音は夜になると激しさを増した!
会社も17時に帰宅命令が出た。
帰り道、団地の中を通り抜けたが、街路樹の枝が折れ、道路に散乱していた。
梅雨の時期にこんな台風、やって来たことあったっけ?
うちの庭には、(暴風?)亡父が植えた柿の木がある。
例年、秋口に台風が来て、柿の実が落ちる。
この暴風雨で、相当やられたな。
覚悟して庭に行くと、木はかなり倒れているが、実は一つも落ちていなかった。
まだ、若いから体力あったのかなあ🤭
収穫の秋が楽しみ❣️
実の数は全部で22個。ニコニコ😁
何と福岡講演会まであと44日‼️



http://www.xn--gckjq7bzpybc1750gnosc.com/
私の母は、信心深く、事あるごとに、先祖供養をしていました。
それも、自分の両親のご先祖様、夫の両親のご先祖様、私の妻の両親のご先祖様。
そして自分の母親や兄弟までを巻き込んで一緒に供養していました。
相当なお金をつぎ込み、次第に兄弟たちとも疎遠になっていきました。
一点の光、愛と感謝。
なんか似てます。でも、それは教えでした。
あるとき、ニュースで幼い子が惨殺されました。
それを見た母はその子の供養をしました。
母は子供好きでよその子でもよく可愛がっていました。
また、自分が気に入ったら、これまでどんなに信心していた宗教でも捨て、新しいものに移っていきました。
また一からの先祖供養です。
母は愛と感謝の人でした。
当時、私は信じなかったのですが、母の爪の中からプラチナが出てきたそうです。
ティッシュに包んでタンスに入れているので、今度来た時に見せてあげる。
でも、みることはできませんでした。
脳内出血で倒れ、4年間の闘病生活の末、帰らぬ人となりました。
実家を整理する時、随分タンスの中を探したのですが、見つかりませんでした。
きっと、母が真我に導いてくれたのだと思います。
福岡講演会まであと45日

昨年の9月21日から3日/週で勤務している会社なのですが、面白いのです🤣
これまで、幾度となく、社長と同行営業に行ったのですが、一度も出来ないと断ったことがないのです。
必ず持ち帰って、心当たりに連絡して、紹介をもらって、見積りを提出する。
これまで経験のない分野でも、果敢にチャレンジするんです。
自分だったら、こんな面倒などこもやりたがらないようなリスクを伴う仕事はやらない!
でも、うちの社長はやるんです❗️
ある意味、企業の駆け込み寺的な存在です。
うちの会社では「出来ません‼️」という言葉は禁句です。
だから、創業以来、一度も赤字決算がないのです。
あ〜ら、他己紹介になってしまった🤦‍♂️
福岡講演会まであと47日


http://www.カウンセリング福岡.com/

このページのトップヘ